オープンウィンドウ64

 達成目標が決まり、自己分析を入念に行ったら、いよいよ具体的な行動に移ります。

自己分析はこちらの記事です。https://sports-educate.com/%e8%87%aa%e5%b7%b1%e5%88%86%e6%9e%90/

今回の記事は、結果・成果をあげるための行動計画について書いていきます。行動計画をつくる上で、有効なツールとして「オープンウィンドウ64」があります。オープンウィンドウ64は大リーグで活躍する大谷翔平選手も高校時代に書いており、知っている人もいるかもしれません。そのほかの有名なアスリートもオープンウィンドウ64を書いているようです。大谷翔平選手が書いたオープンウィンドウ64は以下になります。

 表の中央に達成したい目標を記入します。大谷選手の場合は、ドラフト1位8球団なります。そして、その周りの8つを基礎思考といい、物事の大枠を捉えた抽象的な思考になります。大谷選手は8つの基礎思考の柱として、「コントロール・キレ・スピード160㌔・変化球・運・人間性・メンタル・体づくり」をあげています。この基礎思考を決める重要なポイントとして、8つの中に、「心・技・体・生活」の要素を全て入れましょう。大谷選手の場合は、

⇒メンタル ⇒コントロール、キレ、スピード、変化球 ⇒体づくり 生活⇒運、人間性

心・技・体・生活のバランスがパフォーマンを構成していることがよくわかります。

 次に1つ1つの基礎思考を実現する、8つの実践思考を考えます。実践思考とは、実際の活動場面がイメージできるほど具体的な思考をいい、数値などの明確な指標があればなお良いです。例えば、「運を高めるため」に具体的な行動として、1.ゴミ拾い 2.部屋掃除 3.審判さんへの態度 4.本を読む 5.応援される人になる 6.プラス思考 7.道具を大切に扱う 8.あいさつ をあげています。

 このように、目標達成をするための行動を8×8の64個考えることで、自分に必要な行動が鮮明に見えてきます。最初は、中々64個考えることは難しいかもしれませんが、慣れてくればどんどん書けるようになります。紙が1枚あればできるので、時間を決めて挑戦してみてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。