ブログ

股関節(お尻)を使った走りの習得

これまでも多くの記事で、お尻(殿筋)の重要性、ポステリアルチェーン筋群を鍛えることの重要性を述べてきています。  走りのバイオメカニクスでも、殿筋を中心としたキックが出来ることは、ピッチを引き出す上で必要不可欠です。  今回は、100m世界...
ブログ

方法論を考える前にすること

陸上競技や教育に携わる中で、結果が出る人(組織)とそうでない人(組織)の違いを考えてきました。拙い経験値ではありますが、現時点で思っていることをまとめてみます。1つの参考にしていてだけたら幸いです。  まず、困難に直面した時の考え方に違いが...
スポーツ科学

筋肉痛(遅発性筋痛)

筋肉痛(遅発性筋痛)とは、強度の高い運動をした後、時間をおいて発生する筋肉の痛みのことです。  運動をしている多くの人が経験のある現象であり、筋肉痛が強く出ている場合は、運動制限やパフォーマンスの低下、可動域や筋力低下が起こることがあります...
ブログ

日本女子短距離が現状打破のために必要なこと

かなり偉そうなタイトルになってしまいましたが、完全に個人の意見であり、科学的根拠に乏しい部分もありますので、参考程度に見ていただければと思います。  さて、短距離走と言えば、かつての日本は、中々世界と戦うのは難しい種目だと思われてきました。...
ブログ

未来思考

未来思考とは何か。結論から言うと、時間は、  未来⇒現在⇒過去 の順に流れていることを知り、未来をまず決める考え方です。自らが望む未来を設定、そこから逆算し、何をしていくのかを決めていきます。  しかし、多くの人は、時間の流れを逆に考えてい...
ブログ

乗り込み(速く走る方法⑮)

速く走るシリーズ、今回は、乗り込み動作について。  乗り込むというワードもよく聞きますが、走りながら乗り込むとは何でしょうか?  恐らく、地面に接地した足に身体が乗っていく瞬間を指しているかと思われますが、乗り込むに明確な定義があるわけでは...
ブログ

バトンパスの微細技術

4×100mRにおいて、バトンパスの精度は無視できない要素です。特に、リレー経験があまりない中高生のチームは、バトンパスを安定させるための練習を、試合直前だけではなく、年間を通して行うべきでしょう。  今回は、バトン練習を行う際の微細技術を...
スポーツ科学

エコロジカルアプローチ(運動学習理論④)

エコロジカルアプローチとは、スキルは、人と環境の相互作用によって成り立っているという考え方です。つまり、習得したいスキルを、それに応じた環境を設定することによって、引き出していくことになります。  具体的な例を挙げると、ランニングにおいて、...
ブログ

一流の思考

日本のプロ野球チーム、ヤクルトスワローズ青木宣親選手のインタビュー記事でとても参考になる言葉があったので紹介します。  青木選手は、ドラフト4位で早稲田大学からヤクルトに入団し、2年目に200本安打の偉業を達成します。その後、メジャーリーグ...
ブログ

骨盤前傾と肉離れ

スプリンターに起こりやすい怪我の1つにハムストリングスの肉離れがあります。以前の記事でも、肉離れの原因と対策をいくつかあげましたが、今回は、また別の要因から考えていきます。  その要因とは、骨盤の前傾です。  骨盤の前傾とは、文字通り、骨盤...