RDL(ルーマニアン・デッドリフト)

 今回は、ウエイトトレーニングの種目の1つである、RDL(ルーマニアン・デッドリフト)を紹介します。RDLは、以前紹介した、ハムストリングスの柔軟性を高めるためにとても優秀なトレーニングです。また、肩甲骨周辺や腰の筋力、柔軟性も同時に鍛えることができます。重量があるバーを使えば、より効率よくトレーニングができます。RDLは下の動画のような運動になります。

 運動の手順は次のようになります。

①バーを肩幅より少し広く持ちます。

②足は肩幅に広げ、つま先は正面に向けます。

③左の写真のように肩甲骨をくっつけるイメージで胸を強く張ります。この時、右の写真のように肩が上がらないように気を付けましょう。

④胸を強く張った状態をキープしたまま、バーを太腿に沿わせておろしていきます。膝は少しだけ曲げておいてよいです。また、この時、体重はにかけるようにします。多少つま先が地面から離れても構いません。柔軟性によってバーを下せる位置は変わってきますが、だいたい膝下くらいまで下ろしましょう。

⑤バーが下がるほど、右の写真のように背中、腰が曲がりやすくなります。バーを下ろしていく時に、大切なポイントととして、左の写真のように動作中必ず、胸と腰を強く張るということになります。

⑥バーを上げる時は、肩から上がるイメージでスタートのポジションまで戻ってきます。

かなり難易度が高いかと思いますが、股関節・肩甲骨・腰回りの柔軟性と筋力を効率的に向上させる上で、欠かせないトレーニングだと考えています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。