スポーツ科学

スポーツ科学

ピーキング

毎年お正月に行われる箱根駅伝を見ていると、年に1度の大舞台で力を発揮する難しさを感じます。特に駅伝のようなチーム力が求められる競技では、全員が絶好調とはいかないケースがほとんどです。有力と思われていた選手が失速したり、逆に思わぬ選手が活躍し...
スポーツ科学

プライオメトリクス②

プライオメトリクストレーニングとしてよく行われている種目の紹介です。 ハードルジャンプ ホッピング  地面に着いている時間をできるだけ短くする意識で行います。どちらも効果的なトレーニングですが、負荷も高くなります。着地の衝撃を殿筋で受け止め...
スポーツ科学

ウォーミングアップの科学

ウォーミングアップを科学的に分析したセミナーに参加しました。どのようなウォーミングアップを行うことがパフォーマンス向上に有効なのか。参考になった部分をまとめてみます。  まず、ウォーミングアップの目的はRAMPと呼ばれ、以下のようなものがあ...
スポーツ科学

PAP(活動後増強)

「試合直前のウォーミングアップでやっておくといいことは何ですか?」と聞かれたら、PAP(活動後増強)を活用した運動をおすすめします。PAP(活動後増強)とは、Post-activation potentiationの略で、筋の力・パワー発揮...
スポーツ科学

プライオメトリクス

爆発的パワーを高めるトレーニングとして、プライオメトリクストレーニングを紹介します。 プライオメトリクスとは、 ①素早い、爆発的なパワートレーニング  ②ジャンプトレーニング  ③SSC(stretch shortening cycle)を...
スポーツ科学

爆発的パワートレーニング

競技力を向上させるために、最重要課題として、ウェイトトレーニングによる体づくりがあげられます。今回はそれに加え、爆発的パワーについて、S&Cコーチ河森直紀さんのセミナーを元に紹介します。  爆発的パワーとは、投げる・跳ぶ・走る・打つなどのス...
スポーツ科学

トレーニング効果の転移

今回はウエイトトレーニングについて。以前にも紹介しているのでこちらもどうぞ⇒体づくり~ウエイトトレーニングの重要性について~ 体づくり~ウエイトトレーニングの重要性について②~  本ブログでは、ウエイトトレーニングによる体づくりの重要性を述...
スポーツ科学

トレーニングの原則

今回は、競技力向上に繋げるためにとくに押さえておきたい3つのトレーニングの原則について。原則とは、多くの場合に共通に適用される基本的なきまりのことです。今行っているトレーニングが競技力向上に繋がっているのか迷いがある場合、原則に基づいている...
スポーツ科学

クーリング

まだ、6月なのですが、35℃越えの日が続いております。梅雨はどこに行ったのかという暑さです。暑くなるこの時期に注意したいのが熱中症です。下のグラフを見ると、熱中症が起こりやすいのは、夏本番の8・9月頃よりも、梅雨明けの7月頃のようです。  ...
スポーツ科学

ブランク後のトレーニング

4月新年度をむかえました。今回は高校や大学に進学した後も陸上を続ける選手に向けて記事を書いていきます。なおスポーツ推薦などで進学したわけではなく、数か月は受験勉強で練習ができていない場合を想定しています。私自身も大学受験で半年以上トレーニン...