プライオメトリクス②

プライオメトリクストレーニングとしてよく行われている種目の紹介です。

ハードルジャンプ
ホッピング

 地面に着いている時間をできるだけ短くする意識で行います。どちらも効果的なトレーニングですが、負荷も高くなります。着地の衝撃を殿筋で受け止められればよいのですが、殿筋が使えていないと、膝の負担が増えます。平行して、殿筋を鍛えるトレーニングを行いましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。