塚越健太郎

ブログ

膝の折りたたみ(速く走る方法⑧)

速く走るシリーズ、今回は、膝の折りたたみについて。  短距離走における膝の折りたたみとは、下の画像のような局面をさしていると思われます。  よく言われているのが、膝をしっかりと折りたたんだ方が、前に足を持ってくるスピードが向上するというもの...
スポーツ科学

筋肉の特性(運動生理学③)

筋肉は、骨格筋(主に骨格を動かす)、心筋(心臓を収縮させる)、平滑筋(主に内蔵や血管などの内部組織にある。ほぼ無意識に働く)の3つの種類があります。  その中でも、運動に関わる骨格筋は、遅筋と速筋に分けられます。  遅筋は、赤筋やType ...
ブログ

速さの秘密は本当に斬新フォームか?

中2で100m11秒89、小学生の時から活躍する、三好美羽選手を特集した動画を見ました。  三好選手は、スタートから爆発的に加速し、前半で抜け出し、逃げ切るというレースを見せることが多いです。50mまでは、現時点でも、トップのシニア選手と同...
ブログ

腰が落ちる(速く走る方法⑦)

速く走る方法シリーズ、今回は、腰が落ちることについて。  よく、走っていて、腰が落ちているように見える選手がいます。腰が引ける、腰の位置が低いともいえるかもしれません。  腰が落ちた走りは、地面からの反発を得られにくいです。また、殿筋を中心...
ブログ

脳機能の改善法

目的・目標を達成し、理想の未来をつくるためには、マインドブロックを外す必要があります。  人は、過去のマインドブロックや未来の心配に意識が飛ぶ状態が、生活時間の47%を占めると言われており、脳の機能を改善するという視点は外せません。  マイ...
ブログ

マインドブロック

目的・目標を決め、いざ行動しようと思っても、中々うまくいかないという経験があるかもしれません。行動しようとすると、不安になり、失敗するような気がしてしまう。  そして、本当に失敗してしまう。やがては、行動が止まる。  このような状態は、心に...
ブログ

リーチアウト(速く走る方法⑥)

速く走る方法シリーズ、今回は、リーチアウトについて。  リーチアウトとは、接地に向かう際の、膝下の振り出し動作をさします。  よく言われているのが、膝下を振り出してしまうと、体の前方に接地してしまうため、リーチアウトしないよう、振り出さない...
ブログ

低身長でも9秒台で走る選手の特徴

100mを速く走る条件の1つに、身長の高さがあげられます。ストライドは、脚の長さに規定されるため、高身長の方が有利であることは間違いありません。世界記録保持者のウサイン・ボルト選手は196cm、前世界記録保持者のアサファ・パウエル選手は19...
ブログ

内転筋

内転筋群は、大腿の内側にある筋で、股関節を内側に寄せる内転と股関節の屈曲・伸展両方に使われています。ランニングにおいては、後ろにキックした足にブレーキをかけ、前に素早く持ってきたり、後方にキックする際にも重要な働きをしています。  内転筋群...
ブログ

足が流れる(速く走る方法⑤)

速く走る方法シリーズ、今回は、足が流れるについて。  陸上競技において、足が流れるというワードはよく聞きます。走っていて、足が身体の後方で回転している現象を指していると思われます。  この現象を何とか直したいという人も多いと思いますが、大前...