理念

 陸上競技に限った話ではありませんが、何かをチームで行う、または個人で取り組む時に、始めに決めておくべき大切な考え方があります。それは「理念」です。理念とは、物事のあるべき、目指すべき状態についての基本的な考え方を指します。「何のために陸上競技部が活動しているのか」「何のために仕事をしているのか」という質問に対する、答えになるものであると言えます。

 有名企業の会社理念には次にようなものがあります。

京セラ 

全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること。

ウォルトディズニー

•皮肉な考え方は許されない
• 一貫性と細部にあくまでもこだわる
• 創造力、夢、想像力を活かして絶えず進歩する
• ディズニーの「魔法」のイメージを徹底的に管理し、守る
• 「何百万人という人々を幸せにし」、「健全なアメリカの価値観」を讃え、育み、広める

 理念を持っており、理念を実現させる活動を行っている組織、チームは大きな成果を上げます。実際に理念がある企業と、ない企業の比較をした場合、その売り上げ等に大きな差があるそうです。

 理念のつくり方を紹介します。まず下の図のアの部分に理念を考え書きます。その活動に対する思いや願い、希望、熱量といったものがこめられた言葉を考えましょう。次の理念を支える大きな柱をいくつ考え、イに書きます。ウには柱のイを実現させるために大切な行動や考え方を決めましょう。


 簡単なものを私も作成してみました。仕事でも部活動でもいつもうまくいくとは限りません。時には、モチベーションが下がり、やめたくなってしまうこともあると思います。そんな時に、帰ってくる場所、立脚点のようなものが理念です。初心に帰り、もう1度頑張ろうと思える理念づくりをしてみましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。