短距離走

ブログ

リーチアウト(速く走る方法⑥)

速く走る方法シリーズ、今回は、リーチアウトについて。  リーチアウトとは、接地に向かう際の、膝下の振り出し動作をさします。  よく言われているのが、膝下を振り出してしまうと、体の前方に接地してしまうため、リーチアウトしないよう、振り出さない...
ブログ

低身長でも9秒台で走る選手の特徴

100mを速く走る条件の1つに、身長の高さがあげられます。ストライドは、脚の長さに規定されるため、高身長の方が有利であることは間違いありません。世界記録保持者のウサイン・ボルト選手は196cm、前世界記録保持者のアサファ・パウエル選手は19...
ブログ

足が流れる(速く走る方法⑤)

速く走る方法シリーズ、今回は、足が流れるについて。  陸上競技において、足が流れるというワードはよく聞きます。走っていて、足が身体の後方で回転している現象を指していると思われます。  この現象を何とか直したいという人も多いと思いますが、大前...
ブログ

反発(速く走る方法④)

速く走る方法シリーズ、今回は、反発について。  よく、反発を使って走るや、反発がもらえない走りなどのワードを目にします。  地面に力を加えれば、その反作用としての反発を受け、前に進む力を得ることができます。大きな力を加えることができれば、強...
ブログ

足首の固定

スプリントにおいて、重要な技術の1つに足首の固定があります。少し古いデータになりますが、100m9秒8で走るカール・ルイスと日本人選手の、足首の動きを比較した画像になります。  つまり、速い選手ほど、足首をあまり動かさず、固定して走っている...
ブログ

接地(速く走る方法③)

速く走るシリーズ、今回は、接地について。  短距離走においての接地とは、文字通り、地面に足が着いた瞬間のことをいいます。  足が地面に着いている時にしか、地面に力を加えられないので、重要な局面であることに間違いはありません。  ただ、短距離...
ブログ

ピッチ(速く走る方法②)

速く走る方法シリーズ、今回は、ピッチについて。  ピッチとは、短距離走においては、足の回転数のことをいいます。  走るスピードは、ストライド(歩幅)×ピッチ(回転数)で表すことができます。  短距離走では、1秒間にだいたい4~5回のピッチで...
ブログ

ストライド(速く走る方法➀)

速く走る方法シリーズでは、短距離走を速く走る上で、よく取り上げられるワードについて考えていきます。様々な情報があると思いますので、1つの意見として学んでほしいと思います。  第1回は、ストライドについて。  ストライドとは、足が地面に着地し...
ブログ

骨盤の回旋

スプリントにおいて、体幹部(四肢を除いた胴体)が箱のように固まったまま、手足だけが動いて走っているように見える選手がいます。走りが小さくて、ダイナミックな動きが出来ないともいえます。そういった選手は骨盤の回旋動作が苦手な可能性が考えられます...
ブログ

腕振りの練習

腕振りの役割では、腕振りが走りのバランスを整え、下半身の力をより引き出す役割がありことを解説しました。走りや跳躍において、地面に直接力を加えているのは、下半身ではありますが、腕振りも無視できない要素であります。日本人で初めて10秒の壁を破っ...